矯正歯科

美と健康をつくる矯正歯科

歯の矯正治療というと、子供のためのものと思われてきました。たしかに矯正治療は、成長過程にある子供のほうがしやすいことは事実。しかし、矯正治療をはじめるのに年齢制限はありません。最近では仕事上も差し支えのないほど目立ちにくい装置が登場するなど、大人になってから積極的に矯正治療をはじめる方が増えています。歯並びが気になる方は一度当院へご相談ください。

不正咬合のデメリット

歯並びが悪いと見た目が悪くなるだけでなく、ブラッシングがしにくくなったり、発音が悪くなったり、よく噛めないために消化不良を起こしたり、さまざまな悪影響が及びます。もしかしたら身体に不調な箇所がある方は、歯並びに問題があるのかもしれません。ここでは、不正咬合のデメリットをご紹介します。

コンプレックスを持つ

人の第一印象は、口元で決まるともいわれています。出っ歯や受け口、八重歯など、不正咬合の症状がひどいほど見た目が気になるものです。また、歯並びにコンプレックスを持つことで人前で話すことが苦手になり、内向的な性格になることも考えられます。

虫歯や歯周病になりやすい

本来であれば、歯は一列に並んで生えています。しかし、不正咬合の場合、歯がでこぼこに生えていたり、斜めに生えていたりするため、歯ブラシが行き届かなくなりブラッシングが不十分になります。その結果、プラークが蓄積されて虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

消化不良を起こす

歯並びが悪いと、すべての歯で均一に噛むことができません。食べものを噛み砕く能力が低下し、丸飲みになりがちに。丸飲みすると消化不良を起こすことがあり、胃腸に負担がかかります。

発音に障害が出る

歯並びが悪いと、発音に障害が出るケースがよくあります。特に前歯がしっかり噛み合わないと、空気が漏れ、サ行やタ行などがうまく発音できないことがあります。

顎が正しく成長しない

顎は、しっかり噛む刺激が伝わることで正しく成長するものです。噛み合わせが悪くなるとしっかり噛めず、顎が未発達になってしまいます。また、受け口などの不正咬合を放っておくと、顎が違った方向に成長してしまうこともあります。

津田沼スマイル歯科クリニックの矯正治療

専門医と連携しての治療

専門医と連携しての治療

当院では、月に2回矯正専門医を招き、専門的な知識と技術を持った矯正歯科のプロフェッショナルによる治療をご提供しています。

噛み合わせを重視

不正咬合による見た目の問題を解決しつつ、さらに噛み合わせという基本機能の回復に重点を置いた矯正治療をご提供しています。

治療中の見た目のストレスを緩和

矯正治療というと、矯正装置が目立つことがデメリットでもあります。しかし、最近では見た目が気にならないほど審美的な装置が増えており、当院でもできるだけ目立ちにくい装置を採り入れています。

ほかの歯科治療と並行して矯正治療ができる

当院では矯正専門医と連携を取り、矯正治療をしながらでも虫歯や歯周病といった治療も同時進行が可能です。万が一矯正治療中に歯の病気になっても、適切な対処ができます。

津田沼スマイル歯科クリニックの矯正装置

メタルブラケット

メタルブラケット

長年選ばれているもっとも一般的な矯正装置。矯正力が高く、ほとんどの症例に対応できます。金属製の装置のため目立ちますが、矯正装置の中でもっとも低予算で治療が可能です。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットとほぼ同等の効果が期待できる矯正装置。歯の色や質感に近いセラミックをブラケットとして使用することで、目立つことなくしっかりと矯正できます。

裏側矯正

裏側矯正

メタルブラケットなどの歯の表側にブラケットを取り付ける一般的な矯正装置とは異なり、歯の裏側にブラケットを取り付ける矯正装置。表からは見えず、メタルブラケットと同様に、ほとんどの症例に対応できます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明な樹脂でできたマウスピース型の矯正装置。取り外しができるので食事やブラッシングを通常通り行えます。透明なので、近くで見ても装置を付けていることがほとんどわかりません。

【整った歯並びを維持するために】

整った歯並びを維持するために

矯正装置を外したら治療は終わり……と油断してはいけません。矯正治療で移動した歯は数年間は元の位置に戻ろうとするため、保定装置を装着する「保定期間」が必要になるのです。そのまま放っておいては、せっかく手に入れたキレイな歯並びが水の泡。そうならないために、保定もしっかり行って、正しい歯並びを守りましょう。

  • ページの先頭へ戻る