小児歯科

家族でお子様の歯を守りましょう

小児歯科とは、乳歯が生えてから永久歯に生え替わるまでの期間のお子様を対象にした歯科診療。津田沼スマイル歯科クリニックの小児歯科では、虫歯治療はもちろん、予防を中心とした処置に力を入れ、お子様のお口の成長を見守ってまいります。

ただ、子供は自分から歯医者に行きたいとはいいません。お父様やお母様といった保護者の方のサポートが不可欠です。仕上げ磨きなどの日頃のケアだけでなく、定期検診へも忘れずに連れて行ってあげましょう。

津田沼スマイル歯科クリニックの小児歯科への取り組み

歯医者が嫌いという方の多くは、小さい頃に歯医者で嫌な思いをしたことがあるそうです。お子様をそうさせないためには、治療を無理強いしないことが大切です。当院では小児歯科へ安心して通っていただけるよう、以下の取り組みを行っています。

保護者の方の治療への同席

お子様が一人で診療室に入り、治療を受けるのは不安なことでしょう。当院では、お子様の治療の際、保護者の方の同席が可能となっています。

治療後のご褒美のおもちゃ

頑張って治療を受けたお子様に、ご褒美のおもちゃをご用意しています。歯医者さんに通うのが楽しみになることでしょう。

キッズルーム完備

キッズルーム完備

これから治療に臨むお子様にとって、歯医者さんでの待ち時間は苦痛な時間でしょう。当院では待ち時間が少しでも楽しくなるよう、キッズルームを完備しています。自由に楽しく過ごしてください。

妊娠中の方への歯科治療

妊娠中の方への歯科治療

当院では、慎重さが求められる妊娠中の患者様の治療も行っております。治療ができない期間もありますので、その場合は必要最低限の応急処置で済ませ、安定期や産後に治療を再開できるような方針で治療を行います。

  • ページの先頭へ戻る

津田沼スマイル歯科クリニックの小児歯科処置

歯磨き指導(仕上げ磨き)

歯磨き指導(仕上げ磨き)

予防の基本は日々のブラッシングです。当院では患者様一人ひとりの口腔内に合った適切なブラッシング指導を行っています。正しいブラッシング方法を身に付けて、効率的に予防をしていきましょう。ただし、小さなお子様一人では、十分なブラッシングはなかなかできません。お子様が自分でブラッシングしたあとは、毎回仕上げ磨きをしてあげましょう。当院では、仕上げ磨きの方法も指導しています。

シーラント

シーラント

奥歯には深くて複雑な形状の溝があり、食べかすが詰まりやすく、清掃がしにくくなっています。その溝を樹脂で埋めて歯面を滑らかにする処置が「シーラント」です。特に生えたての乳歯や永久歯に施術することで、効果的に予防できます。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には虫歯の抑制効果と、歯の再石灰化を促す作用があります。そのフッ素を歯の表面に直接塗布することで歯質を強化でき、虫歯に強い歯をつくることができます。なお、フッ素の効果は永久的なものではありませんので、定期的な施術がおすすめです。

床矯正

床矯正

本来、歯が生えるスペースが十分にあれば、これから生えてくる永久歯は自然とキレイに並ぶものです。しかし最近の子供たちは、顎が未発達で小さい傾向にあり、不正咬合(歯並びの乱れ)が起こりやすくなっています。そこで、お子様の顎の正しい成長を促す矯正治療が「床矯正」です。成長を利用して無理なく十分な顎のスペースを確保し、整った歯並びへと導きます。

ムーシールド

下の歯列が上の歯列より前に突き出している「受け口」を放っておくと、将来的に治療の選択肢が少なくなり、治療自体も困難になってきます。当院では、早期のうちに正しい顎の成長を促してあげることが大切だと考え、「ムーシールド」を使った矯正治療を行っています。これはおもに就寝中に装着するマウスピース型の治療法です。受け口の兆候があるお子様は、お早めにご相談ください。

食育

食育

最近では食育に対する意識が高まっています。食は脳をはじめとするお子様の成長にとって大切ですが、それは歯や顎の正常な発育にとっても同様です。当院では、お子様のお口の健康を考えた食育を推奨しています。噛むことの大切さやおやつについてのアドバイスなどをいたしますので、お気軽にご相談ください。

【お子様のお口の成長を見守るために】

お子様のお口の成長を見守るために

末永く歯を守るためには、子供の頃から良好な口腔内環境を整えておく必要があります。そのためには、お父様やお母様といった保護者の方が積極的にお子様の口腔ケアに協力してあげることが大切です。日々、仕上げ磨きをしてあげることはもちろん、メインテナンスのために定期検診に連れて行ってあげるのは保護者の方にしかできないこと。定期検診では痛い思いをすることはほとんどないので、安心してご来院ください。

また、子供の頃に体験した歯医者での嫌な思い出話など、歯医者さんへの恐怖心をあおるような話は決してしないようにしましょう。お子様が歯医者に対する恐怖心を抱いてしまうのは良くありません。お口の異変を感じたときに、すぐに対処できなくなってしまうことがあります。歯医者は怖い思いをするところではなく、健康になるために行くところと教えてあげましょう。お子様自身が歯医者が身近なところだと感じることで、将来的なお口の健康維持にもつながるのです。

  • ページの先頭へ戻る